お達者工房は平成31年3月にスタートした緑寿荘の巨大プロジェクトです。

『達者』とは「身体が丈夫な人」「技が優れている人」という意味です。

この活動に参加すれば「私も達者になれる」そんな希望を叶える夢企画です。

IMG_1357

お達者工房では誰にでも出来る簡単な「内職作業」を行っています。

家電製品などを梱包する際に使用するビニールの緩衝材を決められた大きさにちぎる作業です。

あらかじめ点線の切れ目が入っているので誰でも出来ます。

IMG_1361 IMG_1362 IMG_1365

お達者工房の最大の特徴はご利用者様が主体的に取り組むところです。

職員はあくまで補助です。工房長の金枝さんを中心にご利用者様自ら効率の良い作業方法を工夫して頑張っています。

これは普段の生活では味わえない緊張感です。

工房の参加者からは「高齢者になっても社会の役にたてるのだ」「若かりし頃の現役時代に戻ったようだ」などと皆さんがそれぞれの自己実現を達成しています。

こうした成功体験を重ねることで、日々の生活は自信を取り戻し、「生きがい」をもった輝く人生へと生まれ変わります。

IMG_1371(工房長の金枝さん)

作業内容には出来上がった製品をダンボール箱に梱包する役割もあります。

この作業は結構足腰を使うためとても健康に良いんです。

そして、お達者工房のこの活動はただ単に健康に良いだけではありません。

手先を使い、常に段取りを考えながら行うこの作業は脳の神経伝達物質「シナプス」を刺激し認知症予防に絶大な効果を発揮します。

IMG_1364 IMG_1367

ご利用者様の生きがいづくりや健康促進に繋がっているこの活動は、なんと『社会貢献』にもなっているんです。

1カ月で得られる内職代は約5000円です。これが安いのか高いのかはさておき、皆さんの血と汗と涙の結晶で得られたこの収益を地域の慈善活動に役立てて頂く為、全額寄付させて頂きます。

まさに1石3鳥ですね。