第2回目は、雪印メグミルク株式会社の管理栄養士 柴田智子様を講師にお招きし、「健康な骨で長生きするために」をテーマに骨の健康についてお話いただきました。受付開始前から多くの方が並ばれ、最終的には60名を超える方にご参加いただきました。

骨のチェックにより骨の状態の目安を確認したり、骨の役割、構造について、また1日に摂取したい「カルシウム」の推奨量はどの年代でも不足気味となっているとのデータをお示しいただき、カルシウムはしっかりと摂りたい栄養素であることを学びました。

特に牛乳や乳製品は手軽にカルシウム補給でき、たとえば、牛乳コップ1杯200mlで227㎎、ヨーグルト100gで120㎎のカルシウムが摂れるそうです。「ミルクけんちん汁」などのレシピも教えていただき、1日3回(または3品)を目標に、普段の食事に乳製品を取り入れるなど、食習慣に役立つお話もたくさん教えていただきました。

アンケートの中には、“カルシウムに関して具体的な数字で示していただき、とてもわかりやすくて実用的でした”、“今後の献立に役立てたいと思います。チーズとお酢の組み合わせは意外でした!”などの感想をいただきました。

骨の健康を維持するためには、「栄養・運動・日光浴・睡眠」が重要だそうです。皆さまもお元気にお過ごしいただくためのヒントにしていただけたらと思います。

最後、「男性の仲間づくり交流会」についてもご案内させていただきました。ご関心のある男性の方は、当センターまでお気軽にお問合せください。

次回は、11月14日(木)、受付13:00~、13:30~15:00、『認知症の基礎知識(認知症サポーター養成講座)&「認知症ケアパス」とは?』を予定しております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

2

 

1