新型コロナウイルスの感染で、テレビを見ながら1日があっという間に過ぎてしまう・・・そんな生活になっていませんか?

出かけることが少なくなり、人と話す機会も減ると、お口周りの筋力低下が進みやすくなります。

お口周りの筋肉が衰えると、顔のたるみの原因になったり、噛む・飲み込む力(口腔機能)が低下しやすくなります。

 

マスクしていることが増えている今にお勧めしたいのが【舌まわし体操】

マスクをしていないと変顔になってしまいますが(笑)、マスクをしていることで、例えば電車通勤中でも人の目を気にせず【舌まわし運動】ができます。

 

それでは手順を説明したいと思います。

 

①口をしっかり閉じる

②閉じたまま、舌を歯茎の外側に沿ってなぞるように、ゆっくり動かす

③そのまま、ぐるりと1周する

④左回りに5回、右回りに5回舌をまわす

 

ちょっとした空き時間や、入浴中などに是非お試しください。

自宅で行う際は、顔を斜め上に向けた状態で、舌を上に出したり、下に出したりすることもいいストレッチになります。

 

唾液がしっかり出る事から食事前にもお勧めです。顔のたるみ予防、小顔効果も期待できる【舌まわし体操】この機会に毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか?