「私は大丈夫」禁物

特殊詐欺はどんどん巧妙化しています。高齢者ほど、「だまされない自信があるから私は大丈夫」と思っていても、被害の半数以上が高齢者で、かつ女性の割合が高くなっています。

巧妙に心の隙を突いてくる

巧妙化し、組織化され、心理的に追い込んでくるので、誰でもだまされる恐れがあります。

さらに「すぐに対応しないと大変」「今しかできない」などと、時間的な切迫感を与え、冷静な判断ができないようにします。また、警察署や行政機関の職員をかたるなど、信用させる手口です。

巧みに心を揺さぶってくるので、冷静になるためにも、必ず誰かに相談する習慣を身に付けて下さい。

必ず誰かに相談を

固定電話の対策が第一歩です。自動録音機を設置することです。固定電話に取り付け、着信があると発信者に自動的に警告し、通話を録音する機器です。機器の設置が難しい場合は、常に留守電にしておき、相手を確認してから出たり、安心できる相手なら折り返したりする方法です。

日頃から必ず親族でも友人・知人でも相談することを心掛けてみましょう。

相談する相手がいない場合や不安に思ったら、全国共通ダイヤルの消費者ホットライン「188」に電話してください。最寄りの消費生活センターなどの相談窓口に案内されます。警察相談ダイヤル「#9110」にかけるのもいいでしょう。

全国共通ダイヤル消費者ホットライン:📞188

警察相談ダイヤル:📞#9110