認知症地域支援推進員は、地域の方や認知症サポーターの方、医療や介護の専門職など、さまざまな方と連携・協力をしながら、主に下記の事業を行っています。

 

  • なごや認知症カフェの開設・運営支援

・認知症の人やその家族など、誰もが安心して過ごせる居場所作りです。

・昭和区には10ヶ所あり、薬局、病院、高齢者施設、サービス事業所、ガーデンカフェ、喫茶店、短大などで開催されています。今はコロナ禍で、山荘倶楽部のウォーキングしか行っておりません(雨天中止)。

  • 認知症サポーターのフォローアップ講座の運営

・認知症サポーター向けの研修の開催:回想法や医師による認知症の講座など企画しています。(コロナ禍で延期させていただく場合もございます。)

・認知症サポーターの活動支援:ボランティアとしての活動場所の連絡、調整など行っています。

  • 認知症のケアパスの作成・普及

・認知症ケアパス(認知症の進行に応じた適切な対応策)の冊子を作り、配布しています。本年度は新しい情報を載せた改訂版を発行する予定です。

新型コロナウイルス感染症が収束しましたら、認知症カフェやフォローアップ講座に是非ともご参加下さい。適宜、チラシ等でお知らせしております。お問い合わせも承っております。

 

昭和区東部いきいき支援センター 認知症地域支援推進員 担当者:吉川

電話 052ー861-9335  FAX:052-861-9336